スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
さらば2014年
大晦日。。。2014年も終わりますね。
我が家の1年を振り返ると・・・何とも濃厚な1年だった気がする。
3月、キールを新しい家族として迎えました♪
イヴには少し苦労かけちゃったかもしれないけどイヴキルコンビの賑やかな時間に癒された。。。
間もなくキールのアカラスが発覚。通院生活開始。
キールのアカラスが完治した頃、イヴの体調に異変を感じ始めて・・・
まさかこんなに早くイヴとお別れする事になるとは。。。
でもイヴは常に今の瞬間を120%生きているコだったので、イヴの旅立ちに私達は何も
いう事はなくて・・・ただできればずっと一緒にいたかった。でも本当に明るくて楽しくて
ワクワクした時間を与えてくれた事にありがとう。。。安らかにね。。。の気持ちだけでした。
その直後、今度はキールの組織球腫の治療になり年内完治はならなかったけどなんとか
見通しついて年越しって感じです。
怒涛の1年。イヴとキールは7ヶ月だけしか一緒に過ごせなかったけど、大事な大事な時間を
送れたキールはとっても良いコに成長してくれた。
イヴと同じように、辛い事も前向きに捉えて何事にもルンルンと取り組むキールにはいつも
元気と勇気をもらいます。
年明けまた治療に専念して早々に組織球腫をやっつけて、良い1年のスタートにしたいと
思います♪
いつも旅コギを応援して下さっている皆様、本年も大変お世話になりました~。
来年も引き続きキールを宜しくお願いします。
良い年をお迎え下さい。

141231k.jpg
「来年も宜しくお願いしますですキィ~」
スポンサーサイト
[2014/12/31 21:19] | 季節の話題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
皮膚組織球腫 治療経過(~年内)
年内のキールの通院が終わりました~。年明けからまた通院開始だけど・・・
ひとまず先が見えてきたのでここまでの経過を纏めてみる事にしました。

元々は切除手術して2週間でサッパリ完治の予定だったのにな~。
誰もが予想しなかった、思わぬ苦戦となりました。

12/8(月) 皮膚組織球腫の切除手術
141208ope前
こんなに大きくても自己免疫力で自然治癒するはずだったんだけど・・・
破れて細菌感染を起こしたので切除する事になりました。

12/11(木) 退院

12/14(日) 術創内に水が溜まってきたので受診。
141214ope後
溜まっていた水に細菌が見つかった為、毎日通院して洗浄&圧迫する事になる。
ここから年末まで毎日通院・・・長かった。

12/20(土) 手術日~から2週間弱。
141220ope後
術創周辺の赤みが引いて炎症が治まってきてるのがわかります。
でもまだ下半分の炎症が残ってて量は減ってるものの水が溜まり続けてます。

12/22(月) 胸の外側の縫合の抜糸。
141223ope後
手術から2週間。外側の縫合の抜糸しました。
手術跡はかなり回復してきてますが、まだ水が溜まるのでなかなか先が見えません。

12/25(木) 胸の縫合の抜糸。
これで抜糸は全部終了。外側から見ればキレイに治ったように見えるのに。。。
まだ中では炎症が続いてます。

12/29(月) 年内最後の診察。
141229ope.jpg

ようやく水が抜けなくなりました♪しつこかった炎症もほぼ消えたようです。
これでやっと先が見えてきたそうです~。
年内完治は無理だったけど先が見えただけでも気持ちが軽くなった♪
まだ心配なので圧迫は続けるそうで、正月もエリカラ生活継続のキール。残念。。。
年明けの診察で水が溜まってなければ圧迫も終わり、ステロイドの治療に切替です。

来年に続く。。。
[2014/12/29 23:34] | 治療 皮膚組織球腫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
石橋を叩きまくる男
遡りブログ化している為・・・今さらながらのクリスマスネタ。(~_~;)
こんな格好してクリスマスプレゼントを待ちわびていたキール君。
141225k.jpg
でもサンタはやってきませんでした。。。
シクシク枕を濡らし眠ったキール・・・

翌朝目覚めるとサンタは1日遅れでこっそりプレゼントを置いて行ったのです!

141225k01.jpg
「なんかあるキィ~!」

しかしこの男、新しい物には絶対飛びつきません。
イヴアシュは毒団子に飛びついて死ぬタイプだったけどキールは絶対それは無い。
石橋を叩きまくって渡るタイプで新しい物にはとにかく時間がかかる。。。

141225k02.jpg
気になるケドうかつには近づかない。。。思案中、思案中~。
つまらない反応だゼ~~~。

141225k03.jpg
ようやくブツの確認を開始。
こ、これはキールの大好き系では?

141225k05.jpg
「久々のオッパイ見つけたキィ~♪」 ちゅぱぁ~~~♪♪♪

そして最後はこうなる。
141225k06.jpg
「だはは~~たまらんキィ~、誰にも渡さないキィ~」

慎重かつアホなキール君のクリスマスプレゼントはボール型オッパイでした♪
もらえて良かったね。
[2014/12/26 10:47] | キール | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
イヴ♪
毎年恒例~、今日はおもいっきりイヴの日♪
今日はクリスマスイヴですね~!
昨日はクリスマスイヴイヴ。今日はイヴ~。
思う存分イヴりたいと思いま~す。
140622e01.jpg
可愛いなぁぁぁぁ~~~~~~。イヴ~~~~~~~~~~~~~。
毛1本とっても可愛くて・・・私の中で可愛さがとどまることを知らなかった。
イヴと一緒に過ごす時間がどれほど幸せだったか、イヴにはちゃんと伝わってただろうか?
心底惚れ込んでいたんだよ、イヴちゃん。

イヴの写真探してて今年を振り返ってたら・・・
案外イヴキルコンビもなかなかだったな~と思えた♪
手厳しいくせに懐の深いイヴのキールに対する接し方は絶妙だった。
140401ek01.jpg
キールが羨ましい♪私もこんな風にイヴに気持ちは甘えてたんで。。。ww

140727ek.jpg
ガラの悪さまでキールに教えこんでくれて・・・やめてよ~イヴちゃん。でもソックリ!笑

140713-06.jpg
上下関係はしっかりと♪ 下僕を従えてご満悦のイヴ。

140506-01ek.jpg
おなじ表情してますねぇ~♪ 同じ事を感じてるんでしょうか?

140705ek02.jpg
イヴが右向けば右、左向けば左のきーたん。美しいコンビだね。

140419best.jpg
イヴは我が家の太陽だったので、イヴがいなくなってしまったらどうなるんだろうと思ってた。
そしたらね、キールがちゃんとイヴの太陽を受け継いでくれてたよ~。
イヴはギラギラとパワーみなぎる太陽のようなコギだった。
アッシュはイヴの持ってない純真無垢なパワーと天才的なボケっぷりをもったコギだった。
そしてキールはイヴの太陽の部分とアッシュの純真無垢なパワーを受け継いでる。。。
スゴイね~。繋がっていくんだねぇ~。
イヴとアッシュはもう居ないけど、こうやって生き続けているんだな~って思った。

サイコーだよ♪ありがとう~。



[2014/12/24 18:57] | イヴとキール | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
11ヶ月
残念な姿のキールさん、今日で11ヶ月。
141221k02.jpg
そっか~、まだ11ヶ月だったか~。1歳にもなってないのに経験値けっこー高いよね~。
なぜかウチの体重計と病院の体重計、誤差が500gもある。
病院で計った体重は12.5kg。ウチだと13kgですが・・・どっちがあってんの?
キールの体重がと言うより、自分の体重が♪病院基準にするとすれば-500gしても
いいって事でしょう?ww ってどうでもいいか、私の体重なんて。
手術後12.3kgまで落ちてたけどだんだん戻ってきました。

そうそう、そして今回の手術ついでに去勢手術されちゃったキールです。
立派なタマタマちゃんついてたんだけどね・・・
いつかは取るわけだし嫌な事は1度の方が良いかな~と思って取っちゃった。
141220k02.jpg
胸とは比べ物にならないささやかな手術創。ちっさ!1~2cmって所かな。
こちらの方は順調そのものでキレイになってきました。

胸の方はなんとか年内完治目指して良い年越しを送りたいものです。
[2014/12/21 14:41] | 成長記録 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
到着の日~♪
今日はイヴの四十九日です。
今朝キールとお散歩して空を見上げたら青々した空が広がってた。
それで「あ、今日はイヴの四十九日だからこんなに空が綺麗なんだ~」って思った。
無事天国にたどり着いたね。ようやく自由になったね!
141221e.jpg
キールの術後の状態があまりに悪くて心折れそうになって思わずイヴアシュに泣きついて
しまった日がありました。お願い・・・キールが良い方向になるように助けて・・・と。
ここしばらくイヴの気配を感じてなかったのにイヴとアッシュが昔みたいに並んで競うように
走ってきて私を見上げててる感覚がして、ニコニコのイヴアシュスマイルで大丈夫だよって
言ってくれてるような気がした。
やっぱり辛い時はちゃんと助けに来てくれるんだ~。今でもいつでもイヴアシュと一緒です♪
イヴへの想いは語りつくせないので・・・またあっちの方でじっくりと時間をかけて。ww

イヴアシュが大丈夫だと言ってくれた通り、キールの状態もかなり改善してきました。
イヴがいてくれないとなかなか前向きな気持ちを持ち続けるのが難しい。
それほど私はイヴに支えられてたんですね。

今年の4月のイヴ&キール
141221e02.jpg
キールは3ヶ月くらいかな。おおらかで面倒見の良いイヴのお陰でキールは良いコになったよ。
あ~~、イヴに会いたい、触りたい、抱っこしたい~、脅迫されたい、ペロペロされた~~~~い。
禁断症状が止まらない私なのでした。

[2014/12/21 14:14] | イヴ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
イメージアップキャンペーン
今日は病院のキール担当先生ネタ。

O先生はとにかくキールの事が好きで、キール君は可愛い~♪キール君は可愛い~♪
と、ことある毎に言ってくれます。アカラスが完治した時は残念そうだったのを思い出す。笑
確かにキールの性格は本当に素晴らしいと親バカ抜きにしても思う。
明るいし人にも犬にも懐っこくて誰の所にもニコニコ寄っていくし無駄吠えしないし。
プラス治療にも協力的なので入院中に病院内でファンを増やしたらしい。
おかげでO先生以外にもコーギー大好きな先生がキールを診察したくてウズウズしてるらしい。
でもO先生は絶対譲らないぞ~と心で思ってて、密かに取り合いしてるとか教えてくれて笑えた。

なんでそんなにキールに人気がでるのかと言うと、コーギーは悪いイメージの方が強いんだって。
特に病院だと治療で嫌な事するので威嚇とか攻撃的になるのがコーギー&柴犬が多いそうで
警戒されてる犬種なんだとか。
それ聞いてすごく残念な気分。私はこの話聞くまでコーギーにそんなイメージ全く無かった。
イヴもアッシュも従順だったけどな~。キール程の人懐っこさは無かったケド。
だから病院の先生もスタッフさんもキールを見てコーギーに対するイメージが変わったみたい。
キール君みたいな性格だったらみんなコーギー飼いたくなるよね!って言われて気分↑↑。
そんな事言われたら飼い主冥利に尽きるわ。。。(*^_^*)

せっかく毎日通院している事だし、もっと魅力ふりまいてコーギーのイメージを一新しようじゃないか!
141213k01.jpg
「まかせるキィ~!」
[2014/12/19 23:30] | キール | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
初雪体験♪
今朝の散歩風景~。道路にはうっすら雪が~♪
141218snow01.jpg
キールにとって人生お初の雪!
最初は理解できないようでドギマギしてたけど、すぐにパクついてた。ww

141218snow02.jpg
あ~~~、治療中じゃなけりゃこんな日は野球グラウンドで雪遊び!といきたい所だけど
極道のキールは大人しくお散歩するだけです。
でも雪楽しそうだったので全快したら雪遊びに行こ~~っと。

[2014/12/18 22:48] | 季節の話題 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
仁義なき戦い
エ~~~ン!!
あんなにキュートだったキールが~!さらし巻き巻き、極道の道へ・・・
141214k01.jpg
「ワシはキールや、この道に入ったキィ~よろしゅうたのんますわ」

な~んて・・・冗談から始めないとかないとなかなか辛いものがありまして。
先日病理検査の結果が出て皮膚組織球腫(良性)で間違いないと確定診断もらいました。
これで悶々と抱えてた不安は消えたので良かったんですが。。。
術後の経過が非常に悪く・・・まさにタイトル通り仁義なき戦いが続いているキールです。

ちょっとグロくてすみません。記録なので載せちゃいます。
141214k02.jpg
腫瘍が大きかったので大きな大きな手術創。(これは問題ない状態)

順調なら消毒してガーゼで保護してを続けて2週間後抜糸・・・の予定でした。
が、退院3日後くらいにこの胸の所が牛のオッパイみたいに盛りっとなってプヨプヨしてる事に
気づき慌てて病院へ!水が大量に溜まってたので抜いて洗浄の処置してもらいました。
で問題なのがその水に細菌が見つかったそうで、術創の中で細菌感染が起きてるそうです。
手術前、自壊した腫瘍は4種類の細菌感染が確認されてて術後の感染予防の為にピンポイント
で効く抗生剤を飲んでいたけど1種類には効かなかったようです。
効くと言われている薬が実際に効かないというのはある事らしくキール君・・・運が悪い。
この感染を抑えないと傷が治らないんだって。(*_*)
細菌の種類の特定には1週間かかるので、とりあえず目星をつけて別の抗生剤を飲み、
後は圧迫で水が溜まるのを防ぐという事でこのさらしキールの姿になったのでした。
当然巻きっぱなしという訳にはいかず1日2回消毒&さらし巻きをするのが日課。

一生懸命巻き巻きしてても2日もすればまた牛のオッパイが出来上がるので病院へGO。
結局、元々入院中は水が抜けるようドレインという管が刺してあったのでそこの縫合を取って
穴をあけてそこから水を抜いて洗浄液入れて洗浄するというのを毎日する事になった。
通院が大変だったら自宅でやるという手もありますよって言うんだけどよく意味がわからない
まま「通うから大丈夫」って答えてた。

12/17は休診日だけどキールの担当の先生が当番の日だったので処置してくれた。
水抜き&洗浄ってどうやってるのか見た事なかったんだけど、今日は休診日だから
診察室で私もキールを抑えてて立ち会う事になった。
「自宅でもできるようにレクチャーしますね~」と軽く言う先生。
傷口の周りをギューッと絞って一番下の穴から赤い水がビューっと出る。。。
その穴に先端がプラスチックの注射器でAP水注入してモミモミしてまたビューっと水を出す。
水が透明になるまで繰り返し。。。
「どうです?出来そうですか?」って普通に聞いてくるんだけどできるかぁ~!!
無理無理って事でレクチャー終了。本気だったのかな~?

今日は溜まった水の量も少なくなってて、色も薄くなってた。
菌も激減してるので追加した抗生剤が効いてるという事で良かった♪
ようやく傷口も回復方向に向かったようです。
明日はベテラン先生の診察受けて今後の治療の方向性を決めてもらう事になりました。

12月はほとんど毎日病院に通ってるキール。
それでも病院の事も先生の事もダイスキール。
あの見てるだけでも辛そうな洗浄の処置をキールはまったく抵抗せず静かに横になって
受けてるんです。。。驚きました。
そんなキールは病院で絶大なる人気者なんだって~。
面白い話聞いちゃったのでそれは別記事で。ww



[2014/12/18 19:00] | 治療 皮膚組織球腫 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
皮膚組織球腫
少し日にちが空いてしまいました。
実は抱えていた心配事が大事になって今週月曜日に手術を受けたキールです。
アカラスを克服しイヴ姉との辛い別れを乗り越えさぁこれからって時にまた。。。
いったいなんなんだ~!
この世に生まれた年だというのにいきなりキールにとって試練の年になった2014年。

<記録として残します>
9月中旬 アカラスの最終治療が終わった頃。
141209k04.jpg
この時は何も無く綺麗な胸をしてるのに、その後丸印の所に小指の爪くらいの丸い赤いハゲが出来た。

10/21
アカラスの最終チェックの診察ついでにおハゲの皮膚検査をしてもった。
細菌もカビも検出されずで「なんだろう?」って事で様子見になる。

11/14
その後おハゲはどんどん成長し半球体になってきて恐ろしいので再診。
大きさは1.6cm×2.0cm。
組織検査の結果、皮膚組織球腫という腫瘍だという診断でした。
「しゅ・・・腫瘍?!」 一瞬全身の血の気が引いてゆきました。
「せ、先生~、イヴがいってしまってキールまでなんて私耐えられないんですけど・・・」
半泣きで言ったら、組織球腫は良性腫瘍なので心配ないし自然治癒するので治療もない
そうです。まだ大きくなると思うけど成長がピークまでいったら収縮するらしい。
一応経過を診ていく為に1~2週間に1度受診する事になりました。

11/27
経過観察で再診。約2週間で更に大きくなって1.9㎝×2.5cm。
プルンとした真っ赤なドーム型の不気味な腫瘍。見た目ではとても良性とは思えない。
キールが気にして舐めようとするので服を着せて保護。
かゆいのかな?痛いのかな? わからないのでもどかしいけど触らないでね。。。

12/4
腫瘍が破れて汁のようなものが出て恐ろしい状態になったので再診。
たった1週間で更に大きくなって2.7cm×2.7cm。
腫瘍が自壊した事と細菌感染もしてる事、キールがかなり気にしている事を考えると
切除手術が最善策だというお話になりその方向へ。
手術日までに炎症を抑えるようにベストを尽くして下さいと念押しされたので・・・
キールが舐めないようにチューブ型のエリカラ装着。(浮き輪じゃないよ)
141209k01.jpg

ガーゼ交換して消毒して言われた事を忠実に守って手術日を迎えました。

12/8 皮膚組織球腫切除手術
当日の朝撮影。
赤みが引きじゅくじゅく感もなくなってこれでもマシになった方です。
141209k02.jpg
大きさは、たった4日で更に大きくなって3cm×3cm。
皮膚組織球腫は足とか耳にできるコが多いらしくて胸に出来たのは初めて見たと言われました。
私もネットで調べてみたんだけどここまで大きくなってる子は見つからなかった。
場所が悪いのか?とにかくすごいスピードで大きくなるので怖かった~。

この日キールは無事手術を終えてそのまま入院しました。

12/11
キール退院。
さすがに若いだけあって麻酔の覚めも良くすぐに立って歩いて元気なのは良かったんだけど、
元気印はロクな事をしない。。。入院中、病院のあのプラスチックのエリカラ着けてたくせに
どうやったのか?点滴のチューブをちぎって食べたらしい。
吐かされた残骸を見せてもらったら3cmくらいに食いちぎられたチューブが4~5コも・・・。
キールの破壊力恐るべし。

とりあえず無事退院。
後は次回の診察で病理検査の結果で確定診断もらえれば安心できます。

[2014/12/12 23:06] | 治療 皮膚組織球腫 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。